【青木先生の国語授業講座】説明文の4つの型

View
1505
作成者:
日本標準

この講座では、子どもたちが文章を読み深めるために必要な「目のつけどころ」としての学習用語について、簡潔に説明しています。

教材研究や研究授業を作るための参考に、講座を活用してください。

※動画の視聴には、会員登録が必要です。

 

今回は、説明文の4つの型について解説します。

教科書で扱われている説明文は、4つの型に分類されます。4つの型を理解しておくことで、説明文の学習を進めやすくなります。

 

1.時系列型(列車型)

  • 説明が時間の流れや事柄の順序で並んでいるもの。
    作品例「どうぶつ園のじゅうい」
  • 順序を意識した説明文は、2年生の教科書に集中している。
  • 段落が順序よく一直線に並んでいるので、「列車型」と言うとイメージしやすい。

2.頭括型(あたま型)

  • 大事なところ(まとめ・主張)が文章の最初にある。
    作品例「じどう車くらべ」
  • あたまに大事なところがあるので、「あたま型」と言うとイメージしやすい。

3.尾括型(おしり型・しっぽ型)

  • 大事なところ(まとめ・主張)が文章の最後にある。
    作品例「こまを楽しむ」
  • 説明文の典型的なパターン
  • 後ろに大事なところがあるので、「おしり型」「しっぽ型」と言うとイメージしやすい。

4.双括型(サンドイッチ型)

  • 筆者の言いたいことや主張が最初と最後に書かれている。
    作品例「アップとルーズで伝える」「固有種が教えてくれること」
  • 学年が上がると増えてくるパターン。
  • 大事なところで中身をはさむので、「サンドイッチ型」と言うとイメージしやすい。

5.まとめ

  • 説明文の型は4種類しかない。
  • まとめの場所で考えると、頭括型・尾括型・双括型の3種類しかない。
  • 説明文の型を理解しておくと、大事なところを見つけやすくなる。

会員動画

関連する教育情報

コメント

コメントがありません

人気のキーワード

人気特集ランキング